DCD-F109                                                                                                  

 
      DENONのDCD−F109
CDプレーヤーはW250 ×H82× D257mm重量2.8Kgとコンパクトで狭い場所でも収まりが良いサイズです。
      ALPHAプロセッサーよりもバーブラウンPCM1796の方がメリハリの効いた音で好感が持てます。

       しかし価格comの評判では電源部の発熱が問題のようです。 実際に稼働させてみると異常な熱さに驚き、熱対策を施しました。
   改造行為なので自己責任で行う必要があります。 


                     <最終姿・前面>DCD-F109前面


                       <最終姿・背面>

 

 



 

  昔のIntel850のMBのMCH用フィンに2箇所穴を開け
  7808ー12Aの既存放熱器の天にΦ2mmのタップ切りをし
  グリスを塗ってネジ止めで固定しました。

  同じく発熱するKIA1117Bは202用の放熱器を加工し取り付けています。

  結果、高熱処理は出来ましたが天蓋は閉まらなくなり、
  オープン仕様のCDプレーヤーで使うことになりました。
  ・・・・・これでも排熱は十分ではなく、下記の背面強制冷却方式に作り変えました。




 

 

 

 
 下の放熱器に背面板に外側から取り付け引き出した7808Aを固定し、1117Bも移動。
 他の三端子にもアルミ板を取り付け済。
 Pemtium4のCPU放熱器を使い寸法合わせして切断。(ズッシリと重いアルミの固まりです。)



 PCM1796のチップ回りをオーディオ用のコンデンサーに入れ替え。低域が増加しました。
 





 



 

 


  室温30度で放熱器は40度位まで上昇。
  天板を閉じ密閉BOXになったので12cmファンを真夏日は稼働中。回転数800rpmです。

  アナログ出力端子の基板取り付け部が脆くて
  コードを抜き差していると端子が浮き上がり断線しました。
  端子回りに1Φのワイヤをハンダ付けし補強しました。も少し強度を考えて欲しいものです。






  トレー開閉装置
                    トレーグリスアップ                        

トレーを開いたら電源コンセントを抜き、CDプレーヤーを裏返して
ギア部とスライド部にプラスチックグリスかシリコーングリスを綿棒で薄く塗布します。
トレーの両端が擦れるようだと薄く塗っても構いませんが グリスにホコリが吸着されると
逆効果になります。また開閉装置のゴムベルトに付着すると滑るので注意が必要です。

通電状態だとCD読取装置からはレザー光線が放射されていますから目視すると危険です。
慎重に作業をして下さい。









    ホームに戻る